妻と二人の気楽な静岡の旅を愉しみました

定年後に妻と二人で日本全国の旅をすることを夢に見ていました。そこで今度は静岡に行こうと決めました。最初車で行こうと思いましたが岡山からでは少し遠いので新幹線にしたのです。妻も最近高齢者の事故が多いから心配だから新幹線がいいとさんせいしてくれました。
出発地は岡山駅で目的地は静岡です、東京行ののぞみの普通指定席に乗り名古屋まで行きそこで約20分待ってこだまに乗りました。のぞみはほぼ満席でしたがこだまは空いていて楽に自由席に座れました。岡山から約3時間半ぐらいで静岡に着きました。
岡山から大阪は山陽新幹線、大阪から静岡は東海道新幹線でした。
新幹線の切符と宿泊地の手配は近くの旅行代理店にお願いをして手配をしてもらいました。二人とも60歳以上なのでシルバー割引を出来るだけ使うようにしてコースを選んでお願いをしました。
岡山駅での乗車には苦労をしませんでしたが名古屋駅での乗り換えは乗り換えのホームを間違えてあわてて時間間際に乗り換えました、年を取ると体が思うようにいきません、後は別に困ったことはありませんでした。静岡についてからタクシーで駿府城や東照宮に行き徳川家康にちなんだことをガイドさんに聞いて静岡のお茶が美味しいので何杯もお茶屋さんでお代わりをしました。夜は焼津へJRで移動して焼津駅までホテルの人が向かいに来ていましたので海際のホテルに泊まりました。そこは目の前が駿河湾はるかかなたには富士山が見えてしかも朝日が昇る時の美しさが見事でした。料理も地元焼津でとれたお魚のフルコース腹いっぱいになりました。次の日は焼津のホテルからレンターカーを借りて富士五湖巡りに出かけました。最初に白糸の滝をみて富士山の湧水が美味しいことを知りました。そして富士宮から富士山5合目まで車で行きそこで富士山と付近の風景を見ました。やはり外人さんが多くいまして自分のつたない英語でコミニケーションを取りました。何とか通じるもんですね、車で芦ノ湖、山中湖などを回りました、幸い平日なのでどこも空いていて楽に廻れました。山中湖で食べた山菜そばは美味しかったです。御殿場を通り熱海温泉に次の日は泊まりました。ホテルについてまずは温泉街を散策すると映画や芝居で有名な寛一お宮の銅像の前で記念撮影をしました。温泉卵や足湯も入り夫婦二人でゆっくりと楽しんだのです。熱海のお湯は肌触りが良くて本当に気持ちが良かったです。料理もお魚とお肉があり美味しく頂けました。そしてレンターカーはホテルに着く前の返していましたので熱海駅から又新幹線で名古屋駅まではこだま、名古屋駅から岡山駅まではのぞみで無事に岡山に帰りました。

関連記事

NO IMAGE

友達皆で、夢の沼津深海水族館へ!

NO IMAGE

南伊豆へ爬虫類両生類尽くしの男一人旅

NO IMAGE

新幹線で日帰りも可能なプチ温泉旅行