新幹線で日帰りも可能なプチ温泉旅行

仕事で静岡に行く機会があって、こんなに近場なことに驚いたのが最初でした。それ以来、東京から新幹線で年に4回以上は家族で熱海温泉に行っています。出発時は東京駅で駅弁を購入することも楽しみの一つです。一時間以内で到着するので、最初はゆっくり味わっていると気づくと目の前の時もよくありました。知人とビールを飲みながら寝てしまい通過してしまったこともありました。こだまとひかりの新幹線がありますが、ほとんどこだまを乗車しています。よほどの大型休日や自然災害などでないかぎり当日購入で問題ないと思います。もし、座ることができないぐらい混雑していても、すぐに到着するので問題ない距離です。とくにカップルで行く場合は平日の月曜日をオススメします。熱海駅に到着してからでもホテルや旅館を予約できます。最悪、日帰りでも可能な距離なので問題なく楽しむことができます。ひとつ注意するイベントがあります。熱海の花火大会がある日は、観光客や会社の集まりなどがあるので、ホテルの料金も3倍ぐらいになります。海岸に広がる花火は確かにキレイなので、混雑していても良いという方にオススメです。何回も熱海に行く機会があるなら、大型ホテルよりも個人で経営している旅館をオススメします。必ず食べ切ることができない海産物がでてきます。2泊以上すると、食事も工夫してくれるので色々と楽しめます。温泉も回数券チケットみたいなものがあるので、他の旅館の温泉も楽しむことができます。はじめて熱海に宿泊するとお城に疑問をもつと思います。一度は必ず騙されて訪問してしまう熱海城です。今ではよい思い出です。熱海で楽しんでほしいことは3つあります。温泉・海産物・卓球です。卓球は必ず盛り上がるので、オススメです。自動車でも来ることができますが、新幹線の楽チンさを味わってしまったら無理ですね。帰りにオススメのお土産は、塩から系です。生臭さがまったくないので、若い人は塩からのイメージが変わると思います。年配の方にはくさやがオススメです。比較的に食べやすいほうだと思います。個人酒屋店の梅酒がオススメです。以外に知られていませんが、クセがなくてとても美味しいです。駅周辺にお店や旅館・ホテルが揃っているので、徒歩圏内で楽しめる点が良い。箱根も似ていますが、傾斜があるので歩くのは大変だと思います。帰りは普通電車でのんびり帰宅しても楽しいです。時間がある人は、小田原で降りて小田原城に行くのもありだと思います。価格・時間・満足度を考えたら最高の温泉街だと思います。

関連記事

NO IMAGE

友達皆で、夢の沼津深海水族館へ!

NO IMAGE

南伊豆へ爬虫類両生類尽くしの男一人旅

NO IMAGE

妻と二人の気楽な静岡の旅を愉しみました